整備士資格に正社員へのステップアップ

そして信頼できる仲間たち
たくさんの物をここで手に入れました!

I.Tさん(20代) 正社員
オートバックスかしわ店 ピットスタッフ

無謀?「何にも知らない」からのスタートでした

僕がアルバイトとしてオートバックスに入店したのは22歳の時。ここで働く前は建築関係の現場で働いていました。特に大きな不満はありませんでしたが、「なんか別のことをやりたいな」なんて考えていた時、オートバックスのピットスタッフのアルバイト求人広告を見つけたんです。昔から機械いじりが好きだったので「自分でもいけんじゃねぇ?」なんて軽い気持ちで応募しました(笑)。でも、全くの未経験からスタートです。車もドライブも好きでしたが、整備については全く何も知りませんでした。自分でタイヤ交換もオイル交換もしたことはありません。何もわからない状態からのスタートでしたから、最初はやっぱり不安でしたね。
仕事は基本的なアシスタント業務から始めました。古くなったタイヤやゴミを所定の場所に捨てたり、頼まれたものを取りに行ったり。工具やパーツの名前も一から教えてもらいました。そうこうしているうちに、少しずつ仕事を任せてもらえるようになりました。うれしかったですね。教えられながらも自分で作業する喜びや、やりがいを感じることができました。

正直、いろいろな失敗もしました。簡単だと思って引き受けた車の電球交換が、全くできなかったこともありました。外国の車などは専用の工具が必要だったり、取り外しの工程が複雑だったりするのが失敗の理由。

結局は先輩に助けてもらいました。この仕事にはしっかりした知識と技術が必要だと強く思った出来事でした。悔しかったです。でも、逆にオートバックスで頑張って、もっと成長していこうと思えた出来事でした。
オートバックスのピットにはたくさんの車が入庫されます。同じメーカーの車ばかりではなく、国産、外車、古い車から最新型も入庫します。普通のカーディーラーでの作業よりも、幅広い対応力が必要とされます。ここでの仕事は奥が深く、整備士として大きく成長できる環境です。先輩方のサポートで、少しずつですが知識を身につけることができました。本当に感謝しています。今、僕はタイヤ交換のグループで仕事をしています。最初は車を傷つけないように作業するので精いっぱい。結構、時間もかかっていましたが、まずは正確に、丁寧に、と先輩のアドバイスに従って作業を行っています。車は人を乗せて走るもの、やっぱり安全が一番大切です。タイヤに油や傷はついていないか、ボルトはしっかり締まっているか、神経を使いますが何度もチェックして作業を進めています。タイヤの交換はシーズンともなるとたくさんの依頼があります。できるだけお客様をお待たせせず、正確な作業を行うのが目標。まだまだ勉強中ですが、やっと作業スピードの方もカッコがつくようになったと思っています。

アルバイトから社員にステップアップ!

オートバックスに勤務して4年目、アルバイトとして働きながら資格を取りました。三級自動車シャシ整備士です。仕事をしながらの勉強は大変でしたが、会社も応援してくれたし、ここのスタッフの皆さんがいろいろと助けてくれました。そして今、僕はアルバイトから社員にステップアップすることができ、正社員としてオートバックスで働いています。もちろん仕事の責任も大きくなりましたが、このオートバックスで頑張るんだ!という思いが強くなりましたね。それに、収入も上がりました。今の趣味は自転車なんですが、この前、かなり高いのを買っちゃいました。ン十万円です(笑)。

近い目標としてはグループのリーダーになりたいと思っています。正確に早く仕事をこなし、後輩の指導もできるようになりたいですね。もっと先の将来の目標は、ピット内の作業だけでなく、フロアで接客などの仕事もしていきたいと思っています。たとえばタイヤのことならホイールのこともしっかり勉強し、売り上げの面でもお店に貢献していきたいと思っています。

当然、タイヤやホイールだけでなく、オイルでも、オーディオでもナビでも、何でもお客様の質問にも答えられるようなプロになることが目標です。今まで以上に覚えることもあるし、会話の仕方など、接客のマナーも身につけなくてはいけませんが、挑戦していきたいと思っています。
オートバックスはスタッフ間のコミュニケーションもよく、いろいろ助けてもらっていますし、本当に楽しく働けています。オフには食事や飲み会も盛んです。休みが合えばスノボに行ったりもしています。本当に、ここは人間関係の良い働きやすい環境です。たくさんの仲間と充実した時間を過ごせています。最初のきっかけは何でもいいと思います。車が好きなのも、お金がほしいのも、ちゃんとした動機です。制服がかっこいいからでも、家が近いからも大丈夫!オートバックスで仕事をしてみませんか?僕のように人生がガラッと変わるチャンスがやってくるかもしれませんよ!

PageTopへ